地球旅

ドバイに旅行するなら絶対行きたいおすすめ観光スポットBEST10

      2016/04/23


今回はドバイの人気観光スポットをまとめてみました。
ドバイへ旅行する際はぜひお役立て下さいませ。

ドバイに行くなら見ておきたい人気観光スポットまとめ

1,ブルジュ ハリーファ


高さ828m、内部は160階建ての世界一高い建物。108階までには
ホテルとマンションが入り、上部はオフィスと展望台となっています。

展望台はガラス張りの室内展望台と屋外展望スペースがあり
360度、海と砂漠、ビル群の景色を眺めることができます。

2,ドバイ・ファウンテン


ドバイモールとブルジュハリファの間にある人工池で行われる噴水ショー。
噴出す水の高さは150m、噴水の長さは275mと世界最大です。

コンピューター制御の6600個の電球と25色のプロジェクターが設置され
いくつかのテーマ音楽に合わせ、芸術的な演出を壮大なスケールで楽しめます。

3,ジュメイラ・ビーチ


7つ星ホテルであるブルジュ・アル・アラブが見渡せるビーチ。
白い砂浜に透明度の高い青い海がとても美しい海水浴スポットです。

4,ドバイ博物館


ドバイの歴史を学べる博物館。伝統的な住居や、昔の人々の様子が
リアルなロウ人形で再現されていたりと、楽しく観賞できます。

5,デイラ・ゴールドスーク


アーケードに覆われた通りに、指輪やネックレス、ブレスレットなどの金製品を並べたお店が
何十軒も連なる煌びやかなスーク。中東で最も人気の高いスポットの1つでもあります。

6,ワイルドワディ ウォーターパーク


ジュメイラ・ビーチ・ホテルに隣接する水がテーマのアミューズメントパーク。

最高時速80km以上のスリル満点のウォータースライダーや
人工の波をボディーボードで乗るアトラクションなどが楽しめます。

7,ジュメイラモスク


ドバイ一美しいと言われるイスラム教の礼拝堂(モスク)。
白いドームと二本の塔が聳え立ち圧巻の壮大さと美しさです。

唯一、見学のできるモスクで曜日により見学ツアーがあります。

8,ドバイ水族館・水中動物園(ドバイ・アクエリアム)


世界最大級のショッピングセンター「ドバイ・モール」にある水族館。

海洋生物は3万3000匹。世界一大きな水槽展示パネルがあり
ダイビングに参加してサメと泳いだり、グラスボートに乗り
水槽の表面から水中観察を楽しむことができます。

9,パームアイランド


ドバイ沖合いに造られたヤシの木(パームツリー)を模した人工島。
島にはたくさんの商業施設と高級ホテル、別荘が建ち並びます。

巨大な人工島のため、陸地からは全貌をとらえることが出来ませんが
モノレールからは、枝分かれしたヤシの木の島の地形を見ることができます。

10,デザート・サファリ


ドバイ郊外の砂漠で楽しめるアクティビティ。

砂丘をドライブし、ラクダ試乗、サンド・ボード、
ヘンナ・ペイント、水タバコなどが体験できます。

筆者が実際に行った上でのドバイ観光スポットレビュー!

筆者もドバイへ行ってきました!

まずは実際に行ってきた主な観光スポットとそのレビューを。(★はおすすめ度)

バージカリファ ★★★★


ドバイで一番有名な世界一高いタワー。

バージカリファ前で行われる噴水ショーも有名ですが
ラスベガスの噴水ショーと比べて少し評価が落ちますね。

オススメはドバイモール入り口すぐにある橋から眺めること。

バージカリファの展望台から見下ろしても高さが分からないので
噴水ショーの時間まで待つほどの迫力はありませんでした。

ゴールドスーク ★★★★


金製品が所狭しと並んでいるゴールドスーク。

近くにはスパイススークやお土産を買えるスークもあるので
とりあえず寄っておきたいスポットですね。

船で渡る必要がありますが3分程度なので酔いやすい方でも大丈夫。

ワイルドワディ ウォーターパーク ★★★★★


様々なウォータースライダーが楽しめる大型プールです。

キレイなビーチもあるのでジュメイラビーチに行かなくてもこちらで楽しめます。

滑った直後に水族館のドーム水槽に入るスライダーや
アップダウンを楽しめるスライダーなどがあってとても楽しいです。

ジュメイラモスク ★★★★★


ドバイに来たならぜひアブダビのジュメイラモスクに寄りましょう。

とても美しいモスクの中を見学することができるので
オプショナルツアーを予約して絶対に見るべきスポットです。

髪の毛を隠す布や露出を抑えた格好が必須条件なので注意。

ドバイ水族館 ★★★★


ドバイモール内にある水族館で無料ゾーンと有料ゾーンに分かれています。

有料ゾーンにはたくさんの生き物が泳いでおり、
1F・2F・3Fと全て有料ゾーンが設置されているので
お金を払ってでも見ておいた方がいいでしょう。

パームアイランド ★★★


アトランティスホテルを見に来るためだけなら
わざわざ行かなくてもいいかもしれません。

ただ、アトランティス内のプールは非常に楽しいです。

デザート・サファリ ★★★★★


砂漠を使ったアクティビティを体験できるのでオススメ。

サンドボードやラクダに乗るなど、なかなか出来ない体験が出来ます。

夜は少し冷えるのでアウターを一枚持って行きましょう。

パスタキヤ地区 ★★★★


ドバイの旧市街風景が見られるパスタキヤ地区。

歩いてすぐに一周できますし、中もとても安全です。

ドバイ博物館も歩いて数分で着きますし、
船でゴールドスークもすぐに見に行けるので
他の観光スポットと合わせて見に行きましょう。

ドバイへ実際に行ってみての感想・旅行日記

様々な建築物に圧倒されるドバイ市街と
キレイな海や砂漠が織りなす自然風景と
その両方を存分に楽しめたのがドバイでした。

ドバイモール内では少し弱いもののwi-fiが使えますし
モール内にはお店がたくさんあるのでほとんどの買い物が完結できます。

夏は非常に暑く外に出られない日が続きますが
メーター制のタクシーが非常に多く、また値段も安いので
ほとんど外に出ることなく観光を楽しむことができます。

ドバイ市内にはカルフールという大型スーパーも点在しているので
食事に困った時はここで食品を買うとよいでしょう。

ドバイ内の観光スポットとしては
アブダビとデザートサファリが特によかったので
オプショナルツアーを組むことを強くオススメします。

今回、アブダビのモスクツアーにも参加しましたが
髪を隠す布を持っておらず、モスク内に入場ができない人もいました。

筆者の参加したツアーでも布が必要という記述がなかったのですが
モスクでは絶対に必要になるので注意事項をよく確認しておきましょう。

しかし、事前情報よりも国自体の規則は厳しくなく、
電車内で寝ている人もいますし、撮影もあまり厳しくありません。

ただ、アラブの方にカメラを向けて撮るのは違法となっているので
人物に対してあからさまにカメラを向けるのはやめておきましょう。

ゴーストタウンと聞いていましたが実際は人がたくさんいて、
2014年でもまだ活気のある街になっていたのが意外でしたね。

料金をごまかすお店なども全くなかったですし、
治安も非常にいいので家族でも新婚旅行でもオススメです。

ドバイに旅行するなら持って行った方がいいグッズ10点

●モスク用の格好(布・露出のない格好)

●充電器(iPhone・Macbook・カメラ)

●酔い止め(アブダビツアーの場合は少しバス移動が長いです)

●カメラの予備バッテリー(観光スポットが非常に多いので必要になりやすいです)

●カメラの予備SDカード(そこまでカメラを使わないならいらないかも)

●洗顔系(基本的にホテルについていますが洗顔料と化粧水だけは持っていきましょう)

●ひげそり(男性は必須ですね)

●ボールペン(飛行機内の入国書類を書く時用にカバンに入れておきましょう)

以下、筆者が行った観光スポットや持って行くものなど、
PDF版としても作りましたのでぜひダウンロードして頂けると嬉しいです。

この記事のPDF版をダウンロードする


以上、ドバイの行っておきたい観光スポットまとめでした!

 - 海外の観光スポットまとめ