地球旅

香港・マカオに旅行するなら絶対行きたいおすすめ観光スポットBEST10

      2016/04/23

今回は香港・マカオの人気観光スポットをまとめてみました。
香港・マカオへ旅行する際はぜひお役立て下さいませ。

香港・マカオに行くなら見ておきたい人気観光スポットまとめ

1,ヴィクトリア ピーク


香港有数の観光地である香港島の西部に位置する標高552メートルの山。
ピークトラムで山頂駅まで上ることができます。

山上からは香港島や九龍の超高層ビル群とヴィクトリア・ハーバーなどが一望でき
この100万ドルの夜景を求めて年間700万人以上の人が訪れます。

2,シンフォニー・オブ・ライツ


「世界最大の永続的な光と音のショー」としてギネス世界記録にも認定された
香港の100万ドルの夜景をさらに豪華に彩る音と光のショー。

ビクトリアハーバーの夜景に演出が加わったショーは、感動的な素晴らしさです。

3,香港ディズニーランド


眠れる森の美女のお城がランドマークの香港ディズニーランド。

東京にはない、スティッチとゲスト参加型のショー『スティッチ・エンカウンター』や
常時キャラクターと一緒に写真撮影のできるエリアなどがあります。

4,アベニュー オブ スターズ


香港映画スターの手形が100個、他にサインプレートなどが並ぶストリート。
世界中の熱狂的な香港映画ファンが絶えず訪れる観光地です。

いたるところに記念の像やオブジェがあり、中でもブルースリーのオブジェが人気。
海沿いにありますので、香港島側の素晴らしい景色を眺めながら散歩するにも絶好の場所です。

5, ネイザン・ロード


南北に尖沙咀から旺角まで、お店やレストランなどが軒を連ね、旅行者で賑わう有名な大通り。
ストリート沿いに突き出たネオンサインは、香港を代表する風景のひとつです。

6,聖ポール天主堂跡(マカオ)


17世紀のポルトガルの大聖堂の遺跡であり、マカオの最も有名な歴史的建築物のひとつ。
現在は1835年の火事により教会の前壁と階段だけが残されています。

西洋建築でありながらも、左右対称に配置された彫刻は中国古代建築の大きな特徴です。

7,セナド広場(マカオ)


世界遺産に指定されたマカオ歴史地区の中心に位置するセナド広場。
ポルトガル統治時代の美しい石畳やパステルカラーの建物に囲まれ異国情緒満点です。

周囲には聖ポール天主堂跡や旧マカオ市政庁,郵便局,観光局,仁慈堂などの
観光スポットと、広場前のストリートには多くの小売店やレストランが立ち並びます。

8,マカオタワー(マカオ)


マカオにある高さ338mのタワー。地上233メートルにある展望台からは
天気の良いときには中国本土、香港まで見渡せます。

60階と59階には眺望が楽しめるビュッフェレストランとグリルがあり
61階(高さ233m)の屋外展望台では、バン ジージャンプ、スカイジャンプ
スカイウォークX、タワークライムなどのスリル満点のアクティビティが楽しめます。

9,ザ ハウス オブ ダンシング ウォーター(マカオ)

By: jareed


人間美と究極の芸術性を追求したパフォーマンスのエンタテインメントショー。

壮大なラブ・ストーリーと時空の旅を、他では見ることの出来ない驚愕の演技と
革新的な技術で建設されたダンシングウォーター専用の劇場で楽しめます。

10,ヴェネチアン(マカオ)


マカオにあるイタリアのベネチアをモデルに設計されたカジノリゾートホテル。

内観にはヴェネチアンの運河と街並みが再現され、300店舗以上のショップや
35店舗以上のレストランが併設され客室は共にとても豪華な巨大ホテルです。

筆者が実際に行った上での香港・マカオ観光スポットレビュー!

筆者も香港・マカオへ行ってきました!

まずは実際に行ってきた主な観光スポットとそのレビューを。(★はおすすめ度)

聖ポール天主堂跡(マカオ) ★★★


マカオは北側に世界遺産が集中しており、
徒歩でもたくさんの世界遺産を見ることができます。

有名な聖ポール天主堂跡の周りにもたくさんの世界遺産がありますが
歴史的なものがほとんどなので風景的にはまぁまぁというのが正直な所。

歴史好きの方は事前に調べて見に行くと面白いと思いますよ。

セナド広場(マカオ) ★★★★


こちらはヨーロッパ調の建物が周りに多く、
異国感を感じられる綺麗なスポットでした。

アジアらしい市場や建物も少し歩けば見ることができるので
アジアからヨーロッパへと景色が変わって新鮮に感じられました。

マカオ内カジノ(マカオ) ★★★★


マカオはラスベガスと同じようにカジノがとても多いので
各ホテルに入ったらカジノを体験してみるといいでしょう。

パスポートの提示が求められる場合がありますので
念のためパスポートを持っていくことをオススメします。

ヴェネチアン マカオ リゾート ホテル(マカオ) ★★★★★


マカオで最も評価のいいホテルとして有名で
ラスベガスのヴェネチアンよりも広く、豪華に造られています。

ヴェネチアンゴンドラでホテル内を移動できたり、
ヨーロピアンな街並みがとても綺麗に再現されているので
マカオに行ったら絶対に立ち寄ることをオススメします。

ヒルサイド エスカレーター近辺(香港) ★★★


エスカレーター周辺は欧米人が非常に多く、
香港とは少し違った風景を見ることができます。

脇道に入ればオシャレなカフェがあったり
商店街のようなお土産があったりと色々な発見ができるでしょう。

ネイザン・ロード(香港) ★★★★


様々なお店が軒を連ねているので見ているだけで楽しく、
オープントップバスに乗れば香港独特の風景を体験できます。

夜に出歩くと時計やマリファナなどの勧誘は多くなりますが
あまりしつこく勧誘してくる訳ではないので無視しておけば問題ないでしょう。

シンフォニー・オブ・ライツ(香港) ★★★★★


香港に来たならばとりあえず見ておいて損はない光と音のショーです。

大勢の人が見に来るため、少しだけ早めに来た方がいいかもしれません。
夕陽を見たり、散歩をするだけでも楽しいので時間はつぶしやすいと思います。

100万ドルの夜景(香港) ★★★★★


香港で一番感動したのはやはり100万ドルの夜景でした。

本当にとても綺麗な夜景でトータル2時間ほど釘付けになって見ていました。

山頂付近にはお店も多いので見てるだけでも楽しいですし、
夕方前から登れば夕景と夜景の両方を堪能することが出来るのでオススメ。

香港・マカオへ実際に行ってみての感想・旅行日記

今回、初めての海外旅行として選んだのが香港・マカオでした。

一人で5日間の日程で旅をしてきましたが
総評として、マカオは「豪華なリゾートホテル」を経験できますし
「スリリングなカジノ」・「徒歩で回れる多くの世界遺産」を体験でき、
アジアとヨーロッパの文化にも触れられて、とても刺激的で楽しかったです。

香港は夜景は素晴らしいものの、大都市なのでそこまで刺激はなく、
東京などの都市とあまり印象が変わらないため、
「もう1度行きたい!」と思う国ではなかったですね。

ただ、夜景は本当に素晴らしかったので
夜景のためだけに行くのもいいと思います。

マカオは泊まるホテルによって現地での満足度が変わるので
南側のリゾートホテルでゆったり過ごすことをオススメします。

また、マカオの北側は道が入り組んでいるので
ある程度、旅行前に地形を頭に入れておいた方がいいでしょう。

お土産屋さんなどでは意外に日本語が通じることもありますが
基本的には通じないので道を聞くのに苦労するかもしれません。

香港とマカオがセットになったツアーが多いのですが
マカオの拍数を多めに取ったツアーの方がやはりオススメですね。

ただし、香港にショッピングに行く方は十分満足できると思います。

ブランドショップは香港内にとても多いですし
大きなショッピングセンターもたくさんあるので買い物には困りません。

一人旅でマカオ・香港に行っても安全に楽しめると思いますが
刺激の面では同じアジア圏のタイやシンガポールの方が
現地人や文化へのふれ合いも多く、面白いのではないかと思います。

香港・マカオに旅行するなら持って行った方がいいグッズ6点

●充電器(iPhone・Macbook・カメラ)

●日焼け止め(あまり外にずっといることは少ないですがあるといい)

●洗顔系(トラベル用の洗顔料があると便利)

●ひげそり(男性は必須ですね)

●ボールペン(飛行機内の入国書類を書く時用にカバンに入れておきましょう)

以下、筆者が行った観光スポットや持って行くものなど、
PDF版としても作りましたのでぜひダウンロードして頂けると嬉しいです。

この記事のPDF版をダウンロードする


以上、香港・マカオの行っておきたい観光スポットまとめでした!

 - 海外の観光スポットまとめ