地球旅

パリに旅行するなら絶対行きたいおすすめ観光スポットBEST10

      2016/04/24

今回はパリの人気観光スポットをまとめてみました。
パリへ旅行する際はぜひお役立て下さいませ。

パリに行くなら見ておきたい人気観光スポットまとめ

1,ルーヴル美術館


パリ中心部に位置する世界最大級の美術館(博物館)。

彫刻、工芸品、絵画、ドローイング、古代美術品など
幅広い作品の収蔵数は380,000点以上。

中でも、世界一有名な絵画とされているレオナルド・ダ・ヴィンチの『モナリザ』や、
古代ギリシャ彫刻『ミロのビーナス』も展示されています。 

館内はとにかく広く、作品の写真入りマップを確認し効率よく鑑賞するのがポイントです。

2,エッフェル塔


シャン・ド・マルス公園の北西に位置する、フランスの首都パリの象徴的な塔。

塔内2階125mの高さには、雰囲気の良い星付きフレンチレストランがあり
絶景を楽しみながら食事をすることができます。

エッフェル塔の全景は、16区のシャイヨー宮テラスからが最高のビューポイント。
夜には、金色にライトアップされ、毎時丁度から始まるシャンパン・フラッシュは必見です。

3,エトワール凱旋門


世界一有名な通りとも呼ばれる、美しいシャンゼリゼ通りの最西端に建つ凱旋門。
正方形の白い石造りに彫刻が施され、とても重厚感のある建造物です。

凱旋門を中心とした広場は、12本の通りが放射線状に伸びていることから
エトワール広場(日本語で星の広場)と名付けられています。

地下の入り口から高さ50mの階段を登った先には、
放射線状にのびる12本の通りと360℃のパノラマを一望できる展望台があります。

4,ノートル・ダム寺院


パリのシテ島に立つゴシック建築最高傑作、ローマ・カトリック教会の大聖堂。

聖書の世界を描いた壮大なステンドグラスや彫刻は、とても素晴らしく
カトリックの世界を堪能できる、ミサやコンサートなどの催し物も充実しています。

5,オルセー美術館


19世紀美術専門の印象派の画家の作品が数多く収蔵されている美術館。

元々は、1900年のパリ万国博覧会の開催に合わせて建てられたオルセー駅が
1986年に美術館として生まれ変わり開館されました。

ルーブル美術館より規模は小さいですが、有名な展示作品が多いため
とても人気の観光スポット。 内装の豪華なレストランもおすすめです。

6,オペラ ガルニエ


皇帝ナポレオン3世が貴族と裕福層の社交場として建設させた歌劇場。

優美な外観に、贅を尽くした内観、舞台と赤いベルベットで覆われた客席の頭上には、
シャガールが手がけた大きな天井画「夢の花束」と7トンもの重さがある豪華なシャンデリア。

演目はバレエを中心に、オペラやクラシックコンサートも上演されています。
内部見学、公演と2通りの楽しみ方ができる、フランスを代表する劇場です。

7,サント シャペル

By: Kari


シテ島にあるゴシック建築が最も輝かしい時期に、ルイ9世が建立した礼拝堂。

設置されているパリ最古のステンドグラスは、非常に精巧に作られ、圧倒される美しさ。
新約聖書や旧約聖書に書かれている1000以上もの場面を再現し、描かれたステンドグラスは
とても素晴らしく、幻想的です。

8,サクレ・クール寺院


パリ市内モンマルトルの丘の頂に立つ白亜の寺院。

寺院のドームは、高さ83mもの螺旋階段があり、上った先からはパリを一望できます。
さらに、寺院前の階段を囲んだ広い公園からも市内を見晴らせる観光名所となっています。

9,モンサンミッシェル


フランスの北西部にある、立派な城壁で囲まれた海に浮かぶ小島。

「聖ミカエルの山」の意であるモン・サン=ミシェルと名付けられ
フランス屈指の世界遺産として、人気の観光地となっています。

内側のメイン通り、グランド・リュにはお土産屋さんやレストランが並び
その通りを真っすぐ進むと、観光のメインともなるモンサンミッシェル修道院に辿り着きます。

夜から朝にかけての時間帯には、照明に照らされた修道院がさらに神秘的となります。

10,ヴェルサイユの宮殿と庭園(ヴェルサイユ)


フランス王ルイ14世が建てた、フランス絶対王政の象徴的建造物ともいわれる宮殿。
世界で最も華麗な宮殿は、豪華な建物と広大な美しい庭園が有名です。

宮殿内は圧巻の豪壮な造りで、その中でも鏡の間は必見です。
とにかく広大な庭園は、優美な噴水も整備され美しく見応えがあります。


以上、パリの行っておきたい観光スポットまとめでした!

 - 未分類