地球旅

ペルーに旅行するなら絶対行きたいおすすめ観光スポットBEST10

      2016/04/23


今回はペルーの人気観光スポットをまとめてみました。
ペルーへ旅行する際はぜひお役立て下さいませ。

ペルーに行くなら見ておきたい人気観光スポットまとめ

1,マチュピチュの歴史保護区


アンデス山麓に属するペルーのウルバンバ谷沿い
標高2430mの山の尾根にある15世紀のインカ帝国の遺跡。

山頂には神官の住居跡とみられる遺跡と山腹には月の神殿が存在する。

2,ナスカとフマナ平原の地上絵


約800年にわたり栄えたナスカ文化の時代に描かれた巨大な地上絵。
上空からでなければ分からないほど巨大な絵は直線や幾何学図形、動植物などさまざま。

セスナに乗り、神秘的な地上絵を上空から眺めるツアーがおすすめです。

3,クスコ市街


世界遺産であるクスコは太陽神を崇拝したインカ帝国の首都であり、インカ帝国の象徴。
2度の巨大な地震が襲うも、インカ帝国によって造られた石組みは崩れることなく強固でした。

街の建物はインカの様式とスペインの様式が融合し、とても美しい街並です。

4,アルマス広場(クスコ)


インカ時代のビラコチャ神殿の跡に建てられた大聖堂の前にある広場。
世界遺産の旧市街地の中心であり、クスコ観光のメインともなっています。

広場の真ん中には大きな噴水があり、のんびりとした雰囲気を楽しめます。

5,カテドラル(クスコ)


アルマス広場に面し、インカのビラコチャ神殿跡に100年を費やし完成したカテドラル。
コロニアル様式の建物の内部にある、約300トンもの銀が使われた祭壇が見応えあります。

6,12角の石(クスコ)


アトゥンルミヨク通りという細い路地にある、宗教芸術博物館を支えるインカの礎石の一部。

「カミソリの刃1枚さえ通さない」といわれているインカの石材建築は、寸分の狂いもなく
接合され、12角は1年の月数とか王族の12人家族等を表現したという説があるようです。

7,チチカカ湖


ペルーとボリビアの国境沿いにある湖。大小41の島々があり
標高は3810mで汽船などが航行可能な湖として世界最高所。

澄んだ空気と青色の湖面がとても美しい湖です。

8,ウロス島


チチカカ湖にある人工の浮島で島全体は藁でできている。

カラフルな民族衣装や藁で作られた船の先頭の装飾が
可愛らしく、ファンタジー感漂う雰囲気を体験できます。

9,サント・ドミンゴ教会


インカ時代のコリカンチャ(太陽神殿)であった建物の土台を利用しスペインが造った教会。
内部にはインカ時代の建造物が残っており、精巧な石組みの技術を見学できます。

10,サクサイワマン


世界遺産に登録されている城砦と宗教施設を兼ねた建造物と諸説ある遺跡。
遺跡を構成する石組みはリャマやヘビ、魚等の動物をかたどった箇所が見られます。

スペイン人により破壊され、現在はその基礎のみが残っています。


以上、ペルーの行っておきたい観光スポットまとめでした!

 - 海外の観光スポットまとめ